産後脱毛の治療について

妊娠中にはそれほど抜け毛がなかったのに、出産してから急に髪の毛が抜けるようになったと実感する人は少なくありません。


これを産後脱毛といい、全員ではありませんが多くの女性が体験します。
産後脱毛の主な原因は、妊娠中に分泌量が大幅に増えてきたエストロゲンの影響により、抜け毛の量がずいぶん減っていたものが、通常のホルモン量になったことによって短期間に抜けるようになったと言うものです。



女性ホルモンには抜け毛を防ぐ働きがありますが、産後脱毛は本来抜ける予定だった髪の毛が一時的に頭皮に留まっており、それらがまとまって抜けることから通常の抜け毛と同じように考える人が多いのです。

したがって、この症状が現れた場合には、特に治療の必要はありません、大体半年から一年近く経過すれば、通常量のホルモンのバランスに体が慣れていきますので、一時的に大量に抜けていた髪の毛の量も減少していきます。

ただし、これと同時に授乳によって母体の栄養分が不足したり、慣れない育児でストレスがたまり、円形脱毛症などになるというケースもあります。



この場合には、産後脱毛はそのままにしておいて、円形脱毛症の治療のみを行うというのが主な方針となりますので、早めに病院に行きましょう。


また、治療と合わせて、ストレスをためない生活を心がけたり、十分な栄養素を食事で補うようにするなど、日常生活における見直しも重要になってきますので、自分でも意識しましょう。